「わくわくと 走る群馬惑惑 ラガーマン」

これは金子顧問(前会長)が 或るメディアから群惑会員の気持ちを聞かれて咄嗟に応えられたものです。まさに我々 群惑のメンバーの気持ちを 端的に表現した言葉と思います。また同じメディアの方に“往年の名選手”と表現された天明さんは「“往年”と云われるのは あまり嬉しくないですね まだやってるのと云われる方が嬉しい」と云わせる楕円球の魅力。私も「いつでも 惑々してラグビーが楽しくて仕方がない 心は若者のままに」と申し上げました。青空に楕円球を蹴り上げればもう歳も体裁も忘れられるラグビー 本当に嬉しいですね。群惑の“心”は三人が申し上げた通り“明るく 楽しいラグビー”であり 会員相互の友愛と絆を大切にしながら 今日もまた わくわくと走っています。

会長 山口 英雄

スローガン
  
ALL FOR ALL
  
みんなで最高の瞬間をつくろう!
                              主将 萩原 宗生